August 06, 2006

鬼のようなアイデア

穴だらけ、ご都合主義なアイデアの世界。
 銑Г離好謄奪廚脳匆陲靴泙后

〆険Δ龍酘偉悗良を、シーソーの渡り板を挟める範囲まで広げる。

駆動輪が接続されている軸と同軸上に、プーリーを設置。

6酘偉悒アボックスの後方に、もうひとつ軸とプーリーを設置。
 (この軸と駆動輪の軸の水平面からの高さは同じ)

段々と嫌な予感がしてきました。

ぅ廖璽蝓爾縫織ぅ潺鵐哀戰襯箸鯆未后
 (タイミングベルトの外側(歯が無いほう)にゴムを貼っておき、幅を増やしておく)

この時点でベルトと駆動輪が同期して駆動。

Ε掘璽宗爾貌ると、駆動輪で渡り板を挟んで補正。

内側のベルトでシーソーを渡る。
 (ベルトにはゴムが貼ってあるのでほんの少しグリップも・・・。)

自分で書いてても穴だらけです。すいません。m(_ _)m
どう考えてもスライドに干渉しそうです。

というか、駆動輪がハの字になりそう。
そしてモーターに異常な負荷がかかり、大電流が流れてMD回路が・・・。

Posted by moka at 12:15 AM | コメント (0)